FC2ブログ
Blog by dtm
徒然日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P2Pについて検証する①‐1
現在、報道で大騒ぎのWINNYについて検証してみたいと思います。そもそもWINNY(後にnyに省略)はPCでのデーター交換ソフトとしては秀逸であり、バラけたデーターを更に収集して1個のデーターに結び付けられるメリットと、DLする側に、匿名性があるという卑怯なソフトゆえに普及したのだと感じます。WINMXでは1:1のやり取りしか出来ないのですが、nyですとデーター持ってるユーザー対自分だけですからそのDL効率を考えたらこれほど楽なものは有りません。現在データー流出で大騒ぎしていますが、元々の日本のインテリジェンスを鑑みたときに、そんなに見られたくないデーターをPCに入れっぱなしにしておくほうがイケナイし、扱うユーザー側に問題があるから、こういう事態になるなんて、もう5年以上昔から言われていたことです。今更それを大騒ぎして居たって意味が無いですし押さえられ無いほど浸透していますので、しばらくはデーター流出は言われつづけるでしょう。政治に置き換えると インテリジェンスの意味がわかっていない危機感の無い方々が、後手後手でやってるようにしか見えません。まあ 知ったことじゃ無いけどね。

つかまるっぽww

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。